2012年01月25日

2012年スタート!

厳しい寒さが続いておりますが、会員の皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
本日、東京・横浜ではこの冬初めて氷点下の最低気温を記録したそうです。
路面凍結による交通事故も増えているようですので、気をつけましょう。

さて、先日1/22(日)神奈川県歯科医師会館にて2012年度総会を開催しました。

120125-01.JPG
↑年頭挨拶をする柴垣会長

会員が多数参加して盛り上がりを見せた昨年11月の「Winter Meeting」を振り返り、
会長からは、「今年も会員全員がグループの活動に積極的に参加して、
みんなでAOSを盛り上げよう!」という力強いご挨拶をいただきました。

また、今年は総会に先立ち「新春セミナー」として高橋先生に講演をお願いしました。

120125-03.JPG120125-02.JPG
↑高橋先生講演 「インプラントのトルク管理の重要性」

業界でも今までほとんど着目されてこなかった「トルク管理」について、
先生がご自身で算出・検証された貴重な資料の数々をご紹介いただきました。
インプラントロジーのまだ議論のされていない部分に果敢にアタックしていく
高橋先生のチャレンジ精神は、会員のモチベーションを大いに高めてくれました。
まさに、新しい年を飾るにふさわしいセミナーだったのではないでしょうか?

120125-04.JPG120125-05.JPG120125-06.JPG
↑講演後、清水顧問をはじめ会員からの質疑に応じる高橋先生

セミナー修了後、引き続き行われた2012年度の総会では
宝崎理事の会計報告と渡辺副会長の監査報告が承認されました。

120125-07.JPG
↑会計報告をする宝崎理事

そして、夜6時には馬車道の「生香園(新館)」に移動して新年会!
美味しい中華料理に舌鼓を打ちながら、仲間との楽しいお酒を楽しみました♪

120125-08.jpg120125-09.jpg

今回、厳しい冷え込みの中でしたが30名を超える会員にご出席いただきました。
皆さん、どうもありがとうございました。

会長の挨拶にもありましたが、AOSの活動をさらに活性化させるためには、
会員一人ひとりの積極的な参加が必要不可欠です。
事務局としても、AOSの特徴でもあるボトムアップ型のグループ運営を
推進してまいりますので、どうぞお気軽にお声をかけてください。

2012年も、AOS Japanをよろしくお願いします!



高橋恭久先生のインプラントセミナー

●アストラテックインプランシステム(OsseoSpeedTM) 座談会
「6mmショートインプラントがインプラント治療に与える可能性」
日時:2012.2.9(木) Pm6:00〜8:30
会場:アストラテック株式会社 研修センター(東京都中央区)
費用:3,000円
セミナー概要・申込用紙(PDF)

●O.S.I. Study Club 勉強会
「インプラント治療における問題点と今後の課題」
日時:2012.2.12(日) Pm1:30〜4:45
会場:日本歯科大学セミナー室(東京都千代田区)
費用:会員歯科医師5,000円・会員パラデンタル1,000円・非会員8,000円
セミナー概要・申込用紙(PDF)



入会申し込みなど、各種お問い合わせは…
インプラントスタディーグループ AOS Japan 事務局
−−
TEL・FAX:0467-31-0990
ホームページ:http://www.aos-implant.com/
E-mail:info@aos-implant.com

東日本大震災〜私たちにできること〜
−−
◆電力供給が大幅に落ち込んでいます。より一層の節電に協力しましょう。
◆謝った情報を発信せずに、信頼できる情報源で真偽を確かめましょう。
posted by AOS at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2012年01月20日

2012年度総会のご案内

120120-01.jpg

昨年11月の「Winter Meeting」では、初の試みとしてプレゼン大会を開催しました。
17名の会員が15分(プレゼン10分+質疑応答5分)で講演し、投票で優秀賞を選出。
栄えある優秀賞が、こちらの3名に決定したのは記憶に新しいところです。

120120-02.JPG
↑林先生・竹下先生・昇さん、優秀賞おめでとうございます!

なお、講演された皆さんの演題はホームページにも掲載されております。
当日ご参加できなかった会員の皆さんは、今年開催される(?)かもしれない、
第2回プレゼン大会のイメージトレーニングとして目を通してみてください。
http://www.aos-implant.com/archive/index.html

そして、明後日1/22(日)は「2012年度 総会・新春セミナー&新年会」です。

高橋先生の講演「インプラントのトルク管理の重要性」は、Pm4:00よりスタート!
会場は今年も神奈川県歯科医師会館です。
新年会はPm6:00より「生香園(新館)」にて開催しますので、ぜひご参加ください。

また、会員の皆さまから多数お問い合わせをいただく高橋先生の講演スケジュール。
2012年2月の予定は以下の通りです。

●アストラテックインプランシステム(OsseoSpeedTM) 座談会
「6mmショートインプラントがインプラント治療に与える可能性」
■日時:2012.2.9(木) Pm6:00〜8:30
■会場:アストラテック株式会社 研修センター(東京都中央区)
■費用:3,000円
セミナー概要・申込用紙(PDF)


●O.S.I. Study Club 勉強会
「インプラント治療における問題点と今後の課題」
■日時:2012.2.12(日) Pm1:30〜4:45
■会場:日本歯科大学セミナー室(東京都千代田区)
■費用:会員歯科医師5,000円・会員パラデンタル1,000円・非会員8,000円
セミナー概要・申込用紙(PDF)

どちらも、貴重な講演ですので積極的にご参加ください。
それでは皆さま、22日(日)の総会でお会いしましょう!



入会申し込みなど、各種お問い合わせは…
インプラントスタディーグループ AOS Japan 事務局
TEL・FAX:0467-31-0990
ホームページ:http://www.aos-implant.com/
E-mail:info@aos-implant.com

東日本大震災〜私たちにできること〜
−−
◆電力供給が大幅に落ち込んでいます。より一層の節電に協力しましょう。
◆謝った情報を発信せずに、信頼できる情報源で真偽を確かめましょう。
posted by AOS at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2012年01月03日

謹賀新年

AOS Japan会員の皆様、新年明けましておめでとうございます。
2011年は、私たちAOS Japanにとりまして、5周年記念の節目となる年でありました。
5周年記念セミナーが震災直後に開催されたこともあり、忘れられない記憶として私たちの胸に刻まれました。

120103-01.JPG
photo by Y.Takahashi

新たなる2012年、私は「技能向上に専心」をスローガンとしたいと考えております。
「診る眼を養う、考える頭脳を磨く、操る腕を鍛える」という言葉は、AOS Japanが発足する以前から私の中で自然と培われたスローガンです。
勉強会や様々な活動を通じて、自分自身の医人としてのスキルを常に高めたいと願っておりますが、医の道は遥か遠く深淵であります。
このスローガンを思い出すたびに自分自身、未熟であると思わされております。

私たちの仕事とは大きく異なりますが、時計師の仕事もまた熟練には相当な時間を要します。
彼らの仕事は、時間という目に見えないものを見える形として刻み続けることで私たちの生活に根ざしています。
彼らが機械式時計を制作するとき、必ずそこには自然科学に対する謙虚さと伝統技法や最新現代技術に対する探究心が存在しています。
人類の英知といっても過言でないほど、完全なる小宇宙を一つのケースの中に納める彼らの仕事ぶりに、私自身深い尊敬の念を抱きます。
写真は昨年、ドイツの名門で働くマイスターの称号を持つ時計師が、私の目の前でパーツ組み作業を見せてくれたときのものです。
彼らは全ての時計の制作において、このパーツ組み作業を2度行います。何百ものパーツを組んでゆく作業は膨大な時間を要しますが、1度目の組み立ては動作確認と調整のために行い、動作に問題がないことを確認できたら、一つ一つのパーツに装飾と面取り、研磨を施して2度目の組み立てを行います。
どんなに手間がかかるように思えるこの作業も彼らにはあたりまえのことなのです。
折角装飾や研磨を完全な形で施しても、時計を組み立てた後、目に触れない箇所に隠れてしまうパーツも多々あります。
しかし、彼らはそうした目に触れない箇所へのパーツの装飾、研磨にも決して手を抜かないのです。
私は、彼らのこうした完全性への取り組みから非常に多くのものを学びました。
一度は戦争にて工房が崩壊し、名門の名は途絶えましたが、数々の苦難を乗り越え、40年の時を超えて現代に復活を果たした名門。
再び工房が稼働し始めた40年後にも、その完全性への信念は一貫して変わらず現在まで受け継がれています。

私たちの仕事も小さな対象を扱う仕事です。
一旦患者の口の中に装着してしまえば多少の傷など患者本人には見えないかもしれません。
しかし、自分自身を高い水準に到達させるためには、日常的なほんの些細な仕事であっても馬鹿にせず、完全なる仕事を積み上げてゆくことが大切であると感じております。
小さな時計という世界で働く彼らが偉大なのは、きっとその揺るぎない完全性への信念が、数百年もの長い伝統として人から人へと受け継がれているからなのでしょう。

私たちもそのようでありたい。
そう願って、新年のご挨拶に代えさせていただきたいと思います。

2012年1月 元旦
高橋恭久



入会申し込みなど、各種お問い合わせは…
インプラントスタディーグループ AOS Japan 事務局
TEL・FAX:0467-31-0990
ホームページ:http://www.aos-implant.com/
E-mail:info@aos-implant.com

東日本大震災〜私たちにできること〜
−−
◆電力供給が大幅に落ち込んでいます。より一層の節電に協力しましょう。
◆謝った情報を発信せずに、信頼できる情報源で真偽を確かめましょう。
posted by AOS at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ